ペダルの使い方

ピアノのペダルは、一般的に、右、左、真ん中と、

3つに分かれています。

まず、右は、ダンパーペダルといい、

これを踏むことによって、

全てのダンパーを開放することができます。


ピアノは、鍵盤を弾くことによって、ハンマーが弦をたたき、

この弦の振動によって音が鳴り、

鍵盤から手を離すことによって、ダンパーが弦にあたり、

振動を止め、音が鳴り止む仕組みになっています。


そこで、この右ペダルを踏むと、

鍵盤から手を離しても、音が響き続けます。

この効果を利用して、音が途切れるところを、つなぐために使用したり、

響きが足りないときに、踏んだりします。


このペダルは、曲の中に上手く取り入れることができれば、

より滑らかで、心地よい響きのある演奏になります。

しかし、踏み込むタイミングが悪かったり、

踏む箇所に問題があれば、音が濁ることもあるので、注意が必要です。


そして、楽譜には、踏む箇所が、

はっきりと決められているわけではなく、

演奏者の曲の解釈や、カンによって決められます。

そのため、耳を頼りに、注意力や判断力を求められ、

非常に高度なテクニックが必要です。


次に、左ですが、これはソフトペダルといい、

音を弱くする為に使用します。

また、ピアノの種類によっても内容が少し異なり、

グランドピアノの場合は、シフティングペダルともいい、

音色も少し変化します。


最後に、真ん中は、ソステヌートペダルといいます。

これも、ピアノの種類によって、多少役割が異なってきます。

グランドピアノのケースでいえば、

ある音を、切らないために使うことになります。


そして、アップライトピアノでは、弱音機能になります。

この機能は、例えば、夜間に練習したい時などに、

近所迷惑防止に役立つ機能です。

このように、3本のペダルには、それぞれ異なる役割があり、

上手く使用すれば、より完成度の高い演奏となることでしょう。

いま一番売れているマニュアルは?

画像

海野先生が教える初心者向けピアノ講座 ピアノレッスン
【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!海野先生が教える初心者向けピアノ講座 ピアノレッスン 第1弾・2弾・3弾セット
スカパーなどでも紹介! 福山シティオペラ会員・海野真理氏が教えるピアノ上達プログラム。DVD3枚、楽譜3冊、教本1冊、特典1冊の充実セット。
>>公式サイトを見る
ピアノ教室 中村姉妹のピアノレッスン
ピアノ教室 中村姉妹のピアノレッスン
テレビ東京「豪腕コーチング」でも紹介。愛・地球博でもコンサートを行った中村悠子、紗也子姉妹のピアノ教室
>>公式サイトを見る
30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!
30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!
海野先生が教える初心者向けピアノ講座3弾セットのバラ売り版。まずはお試しでやってみたい方向けのレッスン講座。
>>公式サイトを見る

ピアノの練習方法 関連ページ